UA-148035908-1

ボクの町へようこそ!(上海・浦江鎮)

大阪万博のころなくて、最近の万博ですっかり定着したのが「キャラクター戦略」ってやつ。日本のキャラクターも世界各国で大人気で「トヨタ・ソニー・ドラえもん」と言われるぐらいですが、(誰も言ってない?)中国のキャラクターも負けちゃおられません。
こちら上海万博のキャラクター、「海宝(ハイバオ)」。上海万博に土地を明け渡した人たちが集団移転したこのニュータウンの入口でも、万博はわれらの誇り…とばかりにでっかい海宝がお出迎えです。「吉祥物」って書いてあるのは「記念」ってことでしょうね。
ニュータウンって入口にモニュメントとか現代彫刻とか「ここがニュータウンです!」と意識させるものを置いたりするものですが、でかいキャラクターっていう例は、現代風。日本ではそんな例あったっけ?

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る