UA-148035908-1

セルシーと千里阪急が一体で建て替えられるという発表があって約1年になりますが、具体的にどんな姿になるかは、まだ見えてきません…。

夢のある姿に、なってほしいですね。というのは初代千里阪急もセルシーも、当時の「夢」を感じるからです。1970年デビュー=万博と同じ年生まれという時代の雰囲気が、そう感じさせるのでしょうか?郊外らしい緑のベースに白のトラスというデザインは、梅田とは違った夢がありましたし、「万博のパビリオンのようだ」と思ったものです。(ここ10年の間に耐震補強した際も、うまくオリジナルデザインを生かして補強されています。)

202X年の夢は、どんな形をしているでしょうか?楽しみに、待っています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

最近のコメント

ページ上部へ戻る