もう終わってしまいましたが、三色彩道では11/10からの平日のみ10日間、吹田市によるライトアップのテストが行われました。
三色彩道、ここ数年で急速に美しく有名になったのはいいのですが、紅葉時期の週末は路上駐車が切れ目なく、ライトアップなどしたらますます大変なことになるのではないか…と地元の心配の声も…。一方で「近所だけどぜひ見たい!」という意見もあり、あくまでも「テスト」ということで、今年は近隣以外には広報もせずひっそりと平日のみ行われました。
私は個人的には(何度も書いているように)「夢の町」としてスタートしたニュータウンが沈滞化していくことは耐えられない思いなので町が活性化するアイデアには大賛成!大いに期待していたのですが…実は…演出がひっそりとし過ぎていて何と言うかその…これライトアップなんだっけ?…という印象でした。元から常設されている街灯を足場に上向きのライトを追加したために、街灯が少々明るくなっただけ…のように見えたのです。
ということで遠景ではとても「ライトアップが見たい!」というご期待に沿えなさそうなので、ライトアップのアップで切り取ってみました。色づきに比べても、少し時期が早かったようですね…。
とは言え、ぜひとも来年は照明デザインをきちんとやり直して(きちんとプロを入れれば、ご近所に光漏れせずもう少し華やかにすることはできるはずです)、平日だけでもいいから藤白台名物として定着してほしいものです。トラブル回避のために寒い中、ずっと見張り番とアンケート調査をしていた市の係員の方々、おつかれさまでした!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る