コロナウイルス拡散予防のため、突然の休校に入った藤白台小学校。目に入るのは、草花の手入れをしているおじさんだけ。チャイムも鳴らず、「休日のようだ」とも言えるんですがそのような解放感もなく、かといって通常の平日でもなく…。

休校分の勉強は「しないままでいい」わけにもいかず、本当は翌年度に繰り越すこともできないようです。カリキュラムは学年単位で計画されていますから。

とはいえこれは「非常事態」で、どこかで折り合いをつけないといけないですね。ウィルスも気になるし、子供がずっとおとなしくしていられるわけもないし、経済への影響も「死活問題」の人も多いはずですが、「勉強どうする?」は本当に頭が痛いところです。僕が小学生だったら、自習だけでキャッチアップできる自信は…とてもないな。

当ブログの過去ログを見返すと、2009年に新型インフルエンザの流行で1週間休校になった記録が出てきましたが(なんと5月でした…)、今回は2週間で収まるのかどうか、かつ全国規模で、未経験の事態が今まさに進行しています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る