よみがえる大地の記憶

うわ~すごくサボってしまった!…なんてものじゃないですね…
さてひさしぶりの画像は…なんじゃこれ?チリトリ?
そうなんです。実は先月になりますが(この記事、実は11月に書いてます)、家の前で何年ぶりかで舗装を全部はがしてやり直す大規模な道路工事がありました。そのときの土ホコリの舞い方といったら…!ガレージの中までホコリだらけ。
でもその粘土質の土ホコリの色を見ていたら、42年前に越してきたとき、舗装も全然できてなくて、ああ、ニュータウンって町じゅう全部こんな色だったなあと記憶がよみがえってきたのでした。舗装したり芝生を貼ったり建物を造ったり壊したり、いろいろ人間は大地の上に細工を加えたわけですが、一皮めくればご覧のとおり。できたてのアスファルトに出て行ったクルマのタイヤの跡がつきました。
大地の記憶にくらべたら人間の営みなんてチッポケなもんだな、と感じた午後でした。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • ゆうちゃん
    • 2006年 12月 04日

    工事期間中大変でしたね!
    今回の工事の本来の目的は、家の前の水道管(異形管の取替工事)の工事だったようです。
    水道の工事が終わるのを待ってから道路補修をしたそうです。(道路改修は初めての処もある)
    これで、2丁目・4丁目の戸建の箇所、約9割程が実施済になり、来年度完了するそうです。

    • 奥居武
    • 2006年 12月 04日

    おやまあ、それでは舗装をはがしたのは越してきてから42年目で初めてだったのかも?はがしたところも写真に撮っておけばよかったです。ついでに電柱も埋めてくれたら…と欲が出ますが、そうカンタンなものじゃないですね。これで少しは水道水が美味くなるかナ?

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る