「EXPO CAFE」オープン!(天満橋)

藤白台は、あのEXPO70-万博の隣町として名高いわけですが、(そうでもない?)EXPO70の雰囲気を2008年に再現したカフェが、大阪市内の天満橋にできました。その名も「EXPO CAFE」。
ニュータウンも好きだけれど万博も原風景である私は、開店初日に行ってきました。こちらのメニューは「EXPO天国」。太陽の塔をかたどったクッキーがのってます。
店内には1970年風のインテリアが再現され、音楽、メニュー、コスチューム、展示されている当時のグッズや資料など、オーナーのコダワリがいたるところに…。
オーナーは白井さんとおっしゃる、万博好きが高じてとうとうパビリオンの一部を買い取って自宅に移築し、会社も辞めて万博研究家になってしまった方で、池田の自宅は「万博ミュージアム」という個人博物館として開放しておられます(見学には予約が必要…HP参照)。
こちらの「EXPO CAFE」も地元藤白台にひとつ欲しいようなキュートなお店でした。天満橋交差点から南西に少し入り、北大江公園を西にちょっと行ったところ(大阪市中央区島町2-10)。11:00-23:00。電話は090-1221-1970。
「ニュータウンカフェ」ってのも、いいかも。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (3)

    • 健ちゃん
    • 2008年 4月 20日

    写真やグッズを飾って、コーヒー飲みながら「ニュータウン」を語り合う。
    「ニュータウンカフェ」賛成です。

    • みゅら
    • 2008年 4月 20日

    去年の春に、太陽の塔の内覧ツアーみたいなのに参加したのですが、
    そのときに同時に元?鉄鋼館で大阪万博についての展覧会があって、そこで説明をしていただいた方かも?の白井さん。
    大阪万博には、思い入れあるし~
    近所に行った時には、寄ってみたいです。

    • 奥居武
    • 2008年 4月 20日

    「ニュータウンカフェ」は、前にご紹介した東町近隣センターの「ひがしまち街角広場」がそれに近いかも?
    http://senri-g1964.at.webry.info/200709/article_16.html
    鉄鋼館で説明されていたのは、たぶん白井さんでしょう。万博機構の人より万博に詳しかったりする白井さん。万博に関しては、どんな質問をしても答えを打ち返してくださいます。まさに「万博ドラえもんポケット」状態。とはいえこのカフェは、マニアックなだけじゃなくて万博を知らない人が「おしゃれな面白いカフェ」としても楽しめる雰囲気でした。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る