ああっ、取れてる…

公社の工事に気を取られているうちに、藤白台の北でも静かな「変化」が進行していました…。国立循環器病センター。この建物の上部には1977年の完成以来、「国立循環器病センター」という大きな表札(?…切り抜き文字だから表「札」じゃないか…)が掲げられてきましたが、あれ~?
「国・・・・病・・・・」…いつのまにか表札が外されています。よく見たら「病」の位置も少しずれてるし。受験生のゲンかつぎにあげちゃったんでしょうか?おりからの強風で外れちゃったんでしょうか?…まさかね。
実は国立循環器病センター、4月1日から「独立行政法人」になって、名前も「国立循環器病研究センター」と、「研究」の二文字が入って少し変わるのです。それで表札もマイナーチェンジ…というわけです。
国循はこれまでも「病院」と「研究所」の両輪で、日本最先端レベル(いや世界的にも…)の医療の可能性を広げてきました。敷地内いっぱいにひろがるいろいろな建物は、研究関係の施設も多いのです。ですから「研究」の2文字が名前に入ることは、実態に即した変更と言えるでしょうね。
また定点観測をやりたくなってしまいますが…どうしようかな?

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る