一見、平和な夏の日に見えるのに…

ちょっと最近の藤白台をご紹介。トウカエデの並木も樹齢50年を超えて大きく育ち、木陰が歩道にシマシマの模様を描いています。一見、まったく平和な夏の日にしか見えません。

小学校は春の休校期間の埋め合わせでもう夏休みも終わってしまい、猛暑の中を再開しているはずですが、イレギュラースケジュールのためか、チャイムも鳴らず、ひっそりとしています。北公園のプールも今年は1年なし。盆踊りもなかったし、市民体育祭も中止が決まっています。世の中すべてのジャンルの予定が、宙に浮いたような感じですね。

コロナ禍は台風や地震と違って、見た目上はまったく平和なまま、むしろいつもより静かに、季節が回っていきます。こんなことがもう7ヵ月も続いて、あといつまで続くのやら…?歩道の光と影が、第一波…第二波…のメタファーに見えてきてしまいました。

運動不足ヤベー!と思いながら、コロナ×猛暑に押されて、やはり出控え気味になってしまいます。せめてあとちょっと!涼しくなってくれたらなー。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る