丘の上でくるくる…

こちら千里北公園のパブリックアート抽象編。何度かご紹介していますが、新宮晋作「風の道」です。
てっぺんの風車が風でくるくる回り、また風向きによって上半身の傾きがたえず変わります。見ていると飽きないです。1970年、千里ニュータウン完成記念でニュータウンの各所に設置されたパブリックアートのひとつで、もう41年もくるくる回っていることになります。
好きなんですよこれ…城下町で育った人間がお城を見ると気分が落ち着く…みたいなことでしょうか。こういう「モニュメント」がいつも姿が変わるというのは、変わるしなやかさを持ちなさいよと励ましてくれているような気がします。いつまでもくるくる回っていてほしいです。
千里中央駅前にあった「ステンレスの林」も復活できないのかなあ!町で大勢が目にしてきたものは、ただの置物じゃなくて皆の思いが入っているんですよ!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る