東北の桜です!9(秋田・御所野ニュータウン)

ずらりと並んだ桜並木…なかなかの壮観ですが、ここは普通の住宅街です。団地の面白さはズラリ感にあると喝破したのは名古屋の団地女子さんですが、人工都市は自然もズラリ感がひとつのみどころかもしれません。これはすごく人工的な自然の姿なわけです。
この桜並木の一隅には、かつて明治天皇が東北巡幸の際に立ち寄った「明治天皇御野立跡」の碑がありました。碑は大正時代のもの、解説板は平成に入ってからの設置でしたが、解説板の最後には「秋田新都市開発関係地域連絡協議会」の文字が(「秋田新都市」は御所野ニュータウンの計画時の名前)。ニュータウンは「ニュー」を売り出す一方で、「ここは歴史的に由緒がある土地なんだよ」という「よりどころ」をいつも探しているもののようです。
住民の方が作ったこんなサイトも発見。なかなか力入ってます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る