谷戸のこいのぼり(東京・多摩ニュータウン)

ちょっと遅いですが…これも去年(2010年)のゴールデンウィークに行った時の写真。
谷間にゴージャスに泳ぐこいのぼりの群れですが、実はこの谷間は多摩ニュータウンの計画除外地。地主さんの土地と思われます。谷間を挟む丘から丘へ、右手の橋が架かっていて、丘の上だけがニュータウンになっています。
このように水の便がいい谷筋をニュータウンに入れず、尾根筋だけを開発してニュータウンにしている例は、全国にたくさんあります。泉北も…西神も…尾根筋だけを開発したのでニュータウンの地域が一つにまとまっていません。神戸三田国際公園都市にも、このような対照は見られます。千里ニュータウンのように(上新田の集落を除いて)丘も谷も全部ニュータウンにしてしまっている例は、むしろ稀だということが、あちこち回ると、わかります。
これはたぶん、「全部ニュータウンにする」ことよりも、地主さんとのトラブルを避けながら少しでも早く土地の買収に決着をつけて住宅を造ることを優先した名残りでしょう。農業をする立場からは、丘の上は水の便が悪く、利用価値が低いので買収に応じやすいということだと思います。
その結果、「丘の上のニュータウン」というイメージが生まれ、全国に「○○台」という地名がニュータウン的地名として出現しました。「農業に使いづらい場所」は「陽当たりがいいあこがれのマイホーム」に変身したのです。
昔の多摩丘陵の面影は谷筋に残っているわけですが、低地に住むか、高地に住むかという選択は、縄文と弥生の過去から繰り返されてきた人々の生活の変化を反映している、歴史的なウェーブとさえ言ってもいいのかも。
それにしてもこのこいのぼりの数!橋の上のニュータウン族の子供が見ることも意識してるのかな?こいのぼりの団地に見えなくもありません。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る