1階を失った町並み(石巻市中央)

1日ボランティアで行ってきた石巻の様子をお伝えします。石巻の中心商店街。このあたりは河口に近く、2メートルぐらいの津波に洗われました。建物自体は残っていても、1階部分をベニヤで打ち付けた建物が目立ちます。ごくまれに開いているお店もありますが、まだほんの一部です。

現地に住み込んでいるいくつかの若い活動グループが、いろいろな企画を立てたり、遠くから来るボランティアを受け入れて現場に割り振るなど、頼もしい現実的な動きをしています。こういう点は、あきらかに「阪神」の時より進んでスマートになっていると感じました。ネットの活用も、はるかに進んでいます。東京など遠くから来た人も、里帰り組もいるそうです。彼らの話では…見てもわかるのですが…がれきの撤去はかなり進んできたものの、とにかく「人」がいないことが大問題だそうです。
震災前から…多くの地方都市で起きているように…郊外の大型店に人の波が行ってしまって、中心商店街の空洞化は進んでいたそうです。そこへ津波が来て、決定的に戻りにくい状況ができてしまった。ボランティアでも観光でもいいから、とにかく人に来てほしい…人が来れば、カネは落ちるしにぎわいも出る。しかし今のままでは…というお話でした。 (つづく)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る