見る人もいない今年の桜…それでも懸命に咲き誇っています。青山台(吹田市)と北町(豊中市)の境界を区切っている「千里さくら通り」。府道なので府が管理していると思いますが、こちらの街路樹も老木になってきたため、数年前から植替が進められています。

一度に入れ替えると風情を損なうため、3グループに交互に区切って(必ずしも規則的ではないようですが)、「初年度植替」「二年度目植替」「これから植替」で少しづつ入れ替えているようです。

入れ替えた樹種は、長年なじんだ「ソメイヨシノ」ではなく、より強い「ジンダイアケボノ」に代わっています。基本的には似ていますが、成長しても「ソメイヨシノ」より少し小ぶりで、少し花期が早く、少し色が濃い目ということです。

写真は右の2本目が、もう少数派になった「ソメイヨシノ」、通りの向こう側は大半が入れ替えた「ジンダイアケボノ」のようで、まだ添え木が目立ちます。

…ということで数年前に比べると可愛くなっちゃってますが、「一度に造ったニュータウンは、すべてが更新期も一度に来る」の法則が、街路樹にも及んでいるようです。それでも桜の景観を維持してもらえるのは、有難いです!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る