(2019年8月に訪問した時の記録です。今は籠っています!)

都市機能を分散させるときに大学からどうぞ…となりやすいのは筑波の例などを思い出しますが、ここカポレイでもハワイ大学がウエストオアフキャンパスを設置しています。

だだっ広くて開放的で、どんどん中まで入って行けますが、広すぎてカメラの画角に収まらない…これも「新都市あるある」です。

外廊下の外側にはガラスがはまっていず、オープン・ラナイ(ベランダ)のようになっていて通風は抜群。軒が深いのも涼しそうです。

正面の壁の前では学生数人がハワイアン・チャントの練習をしていました。とっても広いのでいくら声を張り上げても大丈夫。というか、ハワイの大きな景色の下では、声を張り上げないと神様に届きません!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2020年 4月 16日

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る