同じ日付、同じ時刻が語りかけてくるもの

きょう8月12日は、1985年の日航機事故から35年の日でした。お盆直前、羽田から伊丹に向かう最終の1つ前の便であれば、満席に近かったのは当然のことです。

大阪空港に近い千里の方も、大勢乗っておられました。ちゃんと着いていれば、帰宅後に少し遅めの夕食が取れる時間帯でした。

2020年8月12日の千里は、夕方から少し曇ってきて夏らしい夕空は見られませんでした。しかし事故とほぼ同じ時刻に、空を撮ってみました。

8月の夕空は夏至の頃よりはっきりと日没が早くなってきて、夏の終わりを語りかけてきます。今年は予想もしなかった特異な状況で、命のはかなさをあらためて感じている方も多いでしょう。

8月12日、8月13日は、僕にとって大変影響を受けた2人が、いずれも突然「向こう側」に渡ってしまった日付が重なり、思いをはせる時季になっています。そうでなくても、お盆なのに、ねえ。

すべての命は、いつか終わる。その運命の中で私たちは生かされているわけですが、命を終えられた方々からも、私たちは何かを感じ取って生きています。「無言のメッセージ」というものは、大変重いものです。

関連記事

コメント

    • 中村調子ノリ
    • 2020年 8月 14日

    以前にも同様のコメントをしたかもしれません…

    タイガースのオーナーが乗っておられたのは有名ですが
    ふじしろ幼稚園の園長先生が乗っていらっしゃったんですよね…
    同級生のお父様も乗っておられました

    いろいろ思うところがあります…

    間接的に船に関係する仕事をしていますが
    乗り物の安全を考えるという点で 気持ちを新たにしました

      • 奥居武
      • 2020年 8月 14日

      「大きな事故だった」だけでなく、「身近に感じられた」事故でした。この事故以来、日本では死者を出した事故はおきていませんが、「コロナ」という航空業界の大きな苦難が、安全性の低下につながらないようにと願っています。交通関係の方の努力にも、エールですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る