答えの一つはUR都市機構(旧住宅公団)の団地。千里ニュータウンでは「C」の記号が棟についています。
この写真はお隣の青山台。ここにはCが74棟もあります。一昨年~昨年にはきれいにリペイントされ、当面は建て替えない方針でいくそうです。全戸南面並行配置で、入口はほとんどが北側にあり、ひときわさっぱりと規格化された棟配置になっています。ところどころにこのような階段一列の棟が混ぜられ、団地のアクセントになっています。全戸角部屋!通風と採光はバツグンです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (10)

    • きょうちゃん
    • 2007年 1月 28日

    美しい写真をいつも、ありがとうございます。
    カメラの機種と撮影の心を教えてください。

    • 奥居武
    • 2007年 1月 28日

    カメラは、最近のはキヤノンのIXY800IS手ブレ防止機能つきです。撮影の心ですか?…ゆっくり構えて慌てずアングルを決めること、水平線を傾けないこと、「撮りたいもの」を絞って余計なものは画面に入れないことでしょうか?あと、千里の景色は空を広めに入れるようにしています。絞りとか露出とか、実は全然わかってなくてカメラ任せです。暗い場所ではなるべくフラッシュはたきません。

    • tsugio
    • 2007年 1月 28日

    「あっ奥居武間違えてる!藤白台にもC棟あったや~ん!」ヽ(^。^)ノ と思って地図を見たら1丁目の南方の消防署の近くにあるのは「D棟」でした。(*^_^*) 
    「A棟」は公団、「B棟」は府営、「C棟」も公団?「D棟」は?あれれ~?長年住んでいたのに知りませんでした。(>_<) A~Dまでの違いがわかればまた教えて下さい。暇な時でいいですよ~ お願いします。(o__)o

    • みっちゃん
    • 2007年 1月 28日

    ホント。
    きょうちゃんではありませんが、写真がきれいですよね。写真だけも楽しめます。
    センスの問題?

    • 奥居武
    • 2007年 1月 28日

    アマチュア写真を褒めていただいてありがとうございます!一眼レフにも心惹かれながら、う~んこれ以上デジタル道楽してはイケナイと踏みとどまる私…。ところで千里NTのD棟は「給与住宅」。社宅や社員寮ですね。南千里地区に少数ある市営住宅もDですから「その他」と言ってもいいかも。一棟一棟所有者もデザインも違います。バブル期から処分→マンション化がいちはやく進んだため、D棟がたくさんあった町は比較的子供がいる…という現象になっています。ここの探検はまた追ってやりましょう!

    • tsugio
    • 2007年 1月 28日

    「藤白台にないものは…」と考えた時に、思いついたのがそうそう『中学校』!
    私たちは青山台中学校に通っていました。
    私たちが中学に通い始める時に古江台に中学校が出来て、青山台と藤白台の子供達が青山台中学校通学することになりましよね。
    千里ニュータウンの吹田市側では他に津雲台、佐竹台にも中学校がないんですよね。
    とここまで書いて、すいません藤白台にも中学校がありました!「金蘭千里中学校」がありますよね。
    なので、公立中学がないということで...。(*_*;) なんかヘロヘロなコメントになりました。ごめんなさい。

    • 奥居武
    • 2007年 1月 28日

    そうそう、藤白台には公立私立含めると、保育園・幼稚園・小学校・中学校・高校・大学までひととおり揃ってるんですよ。こんな町は千里NTではここだけです。エッヘン!(だからどうした?)

    • あかちゃん
    • 2007年 1月 28日

    いつもながら写真の美しさに感激。
    「吹田の景観」て、見直す角度がいっぱいありそう。

    • tsugio
    • 2007年 1月 30日

    ほんと公立私立含めて保育園~大学まである藤白台ってすごいと思います!私も鼻高々(^△^)
    私は藤白台に小学入学の前の1月頃(?)に引越しして来たので、「藤白台幼稚園」には通っていません。そんなこともあって「藤白台幼稚園」が「私立」だということをまったく知らず、今年になってから初めて知りました。(^_^;) 同級生の多くは卒園生だったし、私立だって思いもよらない発見です。

    • 奥居武
    • 2007年 1月 30日

    「ふじしろ幼稚園」ですね。千里NTでは当初、幼稚園は私立を原則とし、遅れて出来た保育園は公立を原則としたと何かで読みました。僕も越してきたのが早かったので高野台の玉川学園幼稚園までスクールバスで通っていましたが(そこが一番近い幼稚園だった)、ここも名前からわかるとおり私立です。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る