多摩ニュータウン・永山の診療所村

はい、こちらは千里NT・藤白台を東へ500km、多摩ニュータウン・永山の診療所村です。
「私道」と書かれた小道に面して、個人開業医が何軒か固まって配置されています。永山地区は多摩ニュータウンでも最も開発が古く、「オールドタウンになったニュータウン」といったマスコミ記事では真っ先に取り上げられる地区ですが、それでも千里の一番新しい地区よりは若いんですよね…。建物のデザインにも、ちょっと若いのがうかがえます。藤白台と異なり、一軒づつ外観は違うようですが、これは各自が建て替えてこうなったのか、最初から建売ではなく個人が建てる方式だったのか…?
診療所村の右隣は(写ってないけど)近隣センター。これがまた建て替える前の藤白台センターにソックリなんです…。ニュータウン問題は距離を越えてつながっていることを強く実感させられた一角でした。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る