思い出を整理して…

建替工事の開始が迫る公社住宅A棟では、このゴールデンウィークにも転出する方が多かったのか、「ごみの日」に家財道具をどっと出している例があちこちで見受けられました。
1980年代の香りがするオシャレなサイドボードや、最後の「こどもの日」を待たずに処分された五月人形のダンボールや…この団地で家庭を築いて、子育てされたんだろうなあっていう思いが迫ってきます。
仮移転で建替完成後「戻り入居」されるのか、ほかの町に行ってしまわれるのか…それぞれのご事情はわかりませんが、ご近所から人が出て行く気配というものは、淋しいものです。それぞれの方が実りある「新生活」に旅立たれるよう、願わずにはいられませんでした。
藤白台に残って住み続けていく者としては、建物が変わって「エー!こんなんなっちゃったの?」ってことにならないようにすることと、新しく来られる方にも、これまで住んできた人たちの「思い」をつなぐ何かをしなくては…と思います。一度町を出られた方が、いつ戻ってきてもいいように…微力ですが…

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • みっちゃん
    • 2007年 5月 21日

    昨年のニュータウン展で、ほしかったですね。
    それらの家具、家財。

    • 奥居武
    • 2007年 5月 21日

    みっちゃんさん…目のつけどころが、違う!ところで千里NT展でサテライト展示の会場になった佐竹台A9棟も、いよいよ近々姿を消しそうです。大勢の人に思い出をくれて…

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る