千里に戻ってきました!
つい数年前まで僕も知らなかったのですが、千里ニュータウンの周辺でも「蛍」が見られることをご存じでしょうか?点滅の感覚が短いヒメボタルです。詳しい場所は書きませんが、市民の自然保護グループが熱心な観察活動を続けています。こちらのマメ!な記録をご参照ください。
行ってきました!いました!が…ウーン…カメラの腕が足りず写真には撮れませんでした…で、せめて夜の竹林と空を撮ってみたわけですが…暗い!曇った空に町の明かりが反射したけっこう明るめの晩だったのですが、にしても…暗い。ヒトケも少ない夜の竹林で、竹にざわめく風の音だけを聞いていると、ああ、昔の千里丘陵はこんなだったんだろうなあ…って言うか、僕が最初に越してきた頃(1964年)の藤白台も一歩外に出ればこうだったなあと敬虔な気持ちになったのでした。
夜の竹林は、怖い。でも人間怖いものがあったほうが真っ当に生きられるような気もします。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る