南千里から佐竹台と高野台の間を通って亥子谷~七尾方面へ抜ける千里ぎんなん通り(千里1号線とも千里南通とも…)。もうまさにイチョウがいっぱい!です。新御堂筋が開通するまでは大阪市内から千里ニュータウンへのメインラインだったこの通りも、45年の歳月がしっかり刻み込まれた立派な街路に成長しました。ぎんなんの匂いもぷ~んと匂います。
この数日で、もうだいぶ散ってしまったでしょう。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • みっちゃん
    • 2007年 12月 08日

    この銀杏通りは私の大好きな道。
    道幅もゆったり、歩道の横にも緑地帯があり
    クリスマスの松ぼっくりを拾ったりもします。

    • 奥居武
    • 2007年 12月 08日

    三色彩道は真っ赤になり(ならない年もあるけど…)、ぎんなん通りは真っ黄になり、「一色に染める」植栽がドラマチックな演出になっていますね。これは一種の舞台芸術なんじゃないかと思います。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る