こちらは千里中央、ライフサイエンスセンタービルのアトリウムから…
お隣で成長中の50階建てマンションがよく見えます。完成したらこんな感じになる予定。昔のやり方は上まで鉄骨組んでから外壁を作っていたと思うのですが…今の工法はあるフロアの鉄骨ができたらどんどん外壁を組みつけていくようで、なんだか組み立てブロックを見ているようです。このほうが骨格>外壁>内装と同時進行できるので速くできるのでしょうか…?私は千里ニュータウンに最初からある5階建て中層団地を作っていたところも憶えていますが、この45年間の工法の進化は目をみはるものがあります。
きょう3/7は、この北側にヤマダ電機LABI千里がオープンします。少しすいてから行こうっと。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る