Life must go on…

父の入院~逝去に際しては、皆様から温かいお言葉をいただき、ありがとうございます。「時間が止まったようで寂しいから筆を折らないで」といった励ましのお言葉も頂戴し、身に余るばかりです。
父は88歳でしたし最期も苦しまなかったので、天寿を全うしたと言っていいと思います。思い残すことが何もなかったということはないと思いますが、思い残すことがあるうちに死ねたなら、それもまた幸せなことではなかろうかと考えています。
私も泣き暮らしているわけではなく(…というか、一度も泣けないのです)…しかしなんだか頭がボーッとしてしまって、仕事もいつまでも休んでいられないし、事務的な手続も含めてやるべきことは山ほどあるのですが、さてブログには何を書こうか…?
夏に行った北海道レポート、つくばレポートもまだ終わっていませんし、藤白台の公社建替は粛々と進みつつあるし、季節も進んでいくわけで題材には事欠かないのですが、まだすらすらと文章が出てくる頭にはなっておりません。(ふだんもすらすら書いているわけではないですが…)
父の見送りに直面して感じた高齢社会のリアリティもあれこれありますが、これもまだ自分の中で消化できていません。
…ということで当面は「ぼちぼち更新」になりますが、筆を折ることなど毛頭考えていませんので、引き続きのご訪問をよろしくお願いいたします。
藤白台のトウカエデも、葉を散らして「つぎの季節」に備えています。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 健ちゃん
    • 2008年 12月 05日

    無理せず、自然体で行きましょう{%笑いwebry%}これからもブログを楽しみに拝見させていただきます。

    • 奥居武
    • 2008年 12月 07日

    きのうは父の郷里のお寺に挨拶と、位牌を注文しに行ってきました。お墓は30年近くも前に千里界隈に移したのですが、菩提寺ということになると千里にはなく、ああやっぱりニュータウンは歴史を重ねた城下町に逆立ちしてもかなわないものがあるなあと。父と似た喋り方をする郷里の人たちの方言に、町の力のようなものを感じて帰宅いたしました。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る