ニュータウン古墳マップ(成田ニュータウン)

少し間があいてしまいましたが、成田ニュータウン訪問記のつづき。
こちら、ニュータウンの場所に古墳があったんだよ…ということを示す珍しい地図。その場所が実際にどのようになっているかまでは確認しませんでした…。ここをマイホームと定めた人たちに、ここは昔からマイホーム向きの場所だった…ということを示して愛着を持ってもらおうとしているのでしょうか。
ところで千里ニュータウンは、昔からの都市に近いわりに、意外なほど遺跡が出てこない…のだそうです。高度成長期の乱暴さでグワーッと「なかったことにしてしまった」のでは?とも考えたのですが、どうやらそうでもないらしい…。これを「千里最大の謎」と呼ぶ人もいるのですが、水の利が悪かった…ということが原因ではないかと…その後時代が下がり、いつの時代か大量の「ため池」を造ることによって「使える場所」に改造し、ニュータウン開発直前の地図には大きいのや小さいの、月面のクレーターのごとくため池だらけだった様子が記されていますが、古代にはまた様子が違っていたようです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る