なぜか親近感(成田ニュータウン)

ニュータウン内と、ニュータウン外の境界の緑地帯でこんな看板発見!…おっとこれは…成田ニュータウンの話です。
これを思わず撮ってしまったのは、ほかならぬ千里ニュータウンがある千里丘陵もまた、開発前は「マムシで有名」と言われていたらしいから…
「ニュータウン」が造れるほどまとまった土地が残っているところは、マムシが出るような場所が多いということでしょうか…水田になるような平坦な土地はすでに利用されていることが多く、田畑にしにくい竹林などの丘陵がニュータウンの候補地として買収されるということも関係あるのかもしれません。
この、一歩ニュータウンを出るとガラッと世界が変わるという緊張感が、また普通の町にはないニュータウンのドラマとも言えるでしょう。
ちなみに僕は千里ニュータウンに45年間いて、ヘビを見たのは初期に2~3回…それもたぶんマムシなんかじゃありませんでした。ニュータウンは大好きですが、ヘビは大の苦手です!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る