ヨットハーバーつき分譲住宅(潮芦屋)

この潮芦屋では、ぜひとも行ってみたい住宅街がありました。ヨットハーバーつきの住宅街。海につながる水路が引き込んであって、なんと一軒ごとに自家用ヨットを自宅裏のプライベートハーバーに係留できるのです。勝手口出たらすぐヨット。さすが芦屋!埋立地も違う!こんなコンセプトは、日本では芦屋か、さもなくば葉山あたりでなくては成立しないでしょう。
この一画はまた、日本では珍しい「ゲーテッド・コミュニティ」(全体が塀で囲まれていて不審者が入れないセキュリティつきの町)としても話題を呼びました。まさに門外漢が入れない…というやつです。(この写真は塀の外から撮ったのでアングルがいまひとつ…。)
まさに「お金持ちのための町」という造りですが、まだできて日が浅いためでしょうか、軒数がさほど多くないためでしょうか、威圧感は感じられず、海辺の片隅でひっそりと潮風だけが吹いていた…という印象でした。植栽もまだ完成していないのでしょう。
この町がサンディエゴやモナコみたいな風格を手にするには、まだ年月が必要なのでしょうね。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る