東北の桜です!7(秋田・御所野ニュータウン)

中央分離帯と歩道にグリーンベルトを取った広い道路…いかにもニュータウンという整然とした光景ですが、ここは秋田市郊外の御所野ニュータウン(前にご紹介したのがこちら)。秋田と言えばなまはげと八郎潟とあきたこまちぐらいしか思い浮かばない乏しい地理感覚だと、ちょっとびっくりしちゃいますが…まあニュータウンというのはどこでもこういうものです。それにしてもかなり立派。なまはげが「悪い子はいねえがぁ」って上がろうとしても、♪ピンポーンってしないといけない感じですね。この道路、片側2車線ではなく路側帯が(除雪用に?)すごく広くとってあるうえ、よく見ると一段高くなった側に自転車道も歩道と別にとってあります。すごく贅沢。
緑に埋もれた桜も写真にははっきりして好都合です。ゴールデンウィークが桜って、いいなあ。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る