梅雨の晴れ間

唐突ではありますが、なんでもない府営住宅の情景!…と思っていたら、皆さんご存じのとおり藤白台の「団地」はどんどん建替が進んでいます。
…が、この写真に写っているB13棟の退去は、4年後、2018年頃になりそうだそうです(手前のアジサイの一角は今年のアジサイが最後かな~。こちらのほうを先に壊して、そこに建てた新棟に坂の上の人たちがおりてくるダンドリ)。藤白台が団地建替の話題で騒がしくなってきたのは2006年頃で(当該住民への説明はその前からしていたようです)、それからもう8年…。しかし全部終わるのは、まだ6年以上かかるでしょう。トータルでは15年以上気が長い計画です。
古い団地がなつかしい人にはまだゆっくり余韻を楽しめそうですが!…とか言ってると、5年も10年もすぐにたってしまいそうです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • yamasin
    • 2014年 6月 13日

    先日 久しぶりに北千里へ行ってきました。
    駅からの風景はさらに変っていました。
    私の住んでいた団地は外壁が塗装されて奇麗になっていましたのでしばらくは立て替えないということかな?
    知り合いの住む津雲台では立て替えしないと聞きましたので、場所によって計画が違うようですね。
    確かに古いままだと懐かしさもあり私には癒し効果もあったりします。

    • 奥居武
    • 2014年 6月 15日

    千里NTの府営の一部(古江台五丁目、青山台など)は計画が変わり、建替をしないということで外装をきれいにしています(とはいっても「今は延命」ということで、永遠に建て替えないということはないでしょうが…)。URは基本建替しないということに決まり、入居者募集を再開していますが、高層棟の一部では耐震上の課題があり、東町の高層棟は建替で動き出しているので、個別のこと全部は僕もわかりません。藤白台の府営は(まだ相当の年月がかかりますが)全部建て替えることになっています。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る