「港北ニュータウン研究会」で発表しました。

6月12日、「ニュータウンの時空を旅する~1.空間編 全国100のニュータウン訪問記」と題して、かねてから推進中のニュータウンオタクなお話を、横浜の「港北ニュータウン研究会」でしてきました!

これまで何度か関西では機会をいただいてきたテーマですが、箱根の山を越えるのははじめて…。関西人だけにウケが取れるか、そこだけが大変心配でしたが、まあ珍しがってはいただけたようです。日本のニュータウン100個以上を歩いた話ができる人は、たぶん他に誰もいないでしょう。一番よく出た質問は「千里の今」についてでした。(千里では話せないことをペラペラ喋ってしまった?)

港北ニュータウンは千里よりずっと新型の大規模ニュータウンで、同じ団地がずらっと並ぶような典型的な「ニュータウンらしさ」はないですが、「その後の改良」を生かしているだけあって、とても魅力的な町です。東京都心にこそ1本では出られないですが新横浜から近く、将来も「人口が保てる」ニュータウンの一つでしょう。

「港北ニュータウン研究会」はいくつかの大学が協同してコツコツと続けられている会で、ニュータウンについて論文を書く学生たちの発表に、地域住民や、港北ニュータウンを設計された川手昭二さんが直接コメントするという、学際的で贅沢な場です。

なにより「ニュータウン仲間」どうしで遠くの人たちと交流できることは、楽しいことです!

この投稿は2014年6月13日に久保田時治さんがfacebookに投稿していただいた写真と僕の投稿、コメントを再編集したものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 6月 20日

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る