港北ニュータウンから千葉ニュータウンへ。大学時代の同級生の一家が千葉ニューで暮らしていると知って、住み心地インタビューにお邪魔です。半年で23万円の通勤定期の話にはビックリ!通勤定期は会社が出すことが多いけれど、通学定期は自分持ちなので、都心の大学に入るともう本当に冗談じゃない負担になり、時間もかかるため、都心にアパート借りて出ていく子供も多いとか…。まるで地方のようなお話です。

千葉ニューは都心から遠いことで有名になってしまいましたが、千葉ニュー住民は「地場志向」は弱く、たまたま住宅取得時期と売り出し中だった方面、ご予算との兼ね合いで東京や神奈川からも来た人が多いので、進学もお買物も「東京に出たい」気持ちが強いとのこと。そのへんは典型的なニュータウン住民プロフィールですね。

千葉ニュー在住のご友人も2人呼んでおいてくださって、本当に有難い!「環境はいいんだけど…」と、楽しくダベるうちあっという間に時間になりましたが、ダベリングは生活実感の宝庫であります。銀行勤務のご主人もニュータウン開発に詳しく、「新住法」なんていう単語もとびだし、充実のインタビューでした。僕はあたふたと上野に向かい、常磐線でいわきニュータウンへ。

この投稿は2015年9月20日にfacebookに投稿した文章に加筆したものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る