ごく普通の団地(筑波研究学園都市)

少し(大阪弁で)ケッタイな風景ばかり続けてご紹介したので、ちゃんとこういう何の変哲もない団地もありますよっていう写真。
調べたらここはURの賃貸住宅のようです。この日は天気が悪かったんだなあ…。筑波研究学園都市は建設時期が長期にわたるため、低層、中層、高層の集合住宅がいろいろ混ざっています。もちろん戸建住宅もあります。
ここは(雨の日に撮ったことを差し引いても)いささかお疲れの様子ですが、こちらによれば削減計画の対象になっているとか…「建替」じゃなくて「削減」。ここに、建設が始まってから40年を超える「つくば」の一つの顔があります。
都心から遠いということもありますが、敷地の取り方はすごくゆったりと取ってありますね。
2012/10/31追記:筑波にお住まいの方からお知らせをいただき、ここは公務員住宅とのことです。公務員住宅も削減の対象になっていますが、上記記事を訂正いたします。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る