千里の初夏を彩るキョウチクトウ(夾竹桃)。ニュータウンのいたる場所で見かけられます。土質が合っているのか?安いのか?千里以外のニュータウンでは、どうなんでしょう?

梅雨の予感を感じさせる午後の曇り空に、紅白のリズムがあざやかです。2色あるからいいんですね(赤い花と白い花といえば、『不思議の国のアリス』を思い出します)。

帰宅する直前に雨に降られて、関西はそのまま梅雨に入りました。ツツジサツキ~キョウチクトウ~あじさいと、街路の花も移り変わっていきます。

関連記事

コメント

    • シゲル
    • 2020年 6月 12日

    こんにちわ
    私は佐竹台2丁目1番地の供給公社A18棟(現在は市営団地)に住んでましたが、公社の周りはキョウチクトウで囲まれてました。
    当時の佐竹台地区はキョウチクトウがたくさん見れましたね。

      • 奥居武
      • 2020年 6月 14日

      佐竹台の旧A18棟と言えば、千里ニュータウンの中でも一番古い一角ですね。この写真は新千里東町ですが、東町でも、藤白台でも…どこでもキョウチクトウはたくさんあるように思います。梅雨~梅雨明けどきの、千里の隠れた主役かもしれません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る