氷柱が立ちました

ここ千里でも夜中は-4℃ぐらいまで下がるという予報を聞いて、屋外の水道管を破裂させてはいけないと、細ーく水を出したまま一晩寝て起きたら!これ!

アラアラ不思議、下から立ち上がったような氷柱ができていました。上からではなく、下からできたようですね。どうやってこの姿になったのか…?見ていないので、わかりません!水を出し続けていたから、蛇口のすぐ下は凍らなかったのでしょうか。

千里へ越してきてから57年、冬の夜に気温が下がりすぎて水道管が破裂したという記憶は実は一度もないし、だから「水道管が破裂する」という現象がどんなものかもわからないのですが…きょうは公共施設などでも「厳寒ゆえの故障」が起きたようです。

今晩も冷えるようです。また細く水を出すことにして、寝ることにします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る