…ってパンジーのことを呼ぶ人も、最近ではあまりいないようですが…。こちら三色スミレならぬ三色重機。藤白橋から見下ろした公社建替工事第三期の現場です。
闇に浮かびあがってカラフルですが、この「色」は何か意味があるのでしょうか?ただいま歩道の延長工事をまずやるために、擁壁を切り崩して歩道に埋設するものをととのえているようです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 第3期工事担当者
    • 2012年 4月 17日

    いつも興味深く拝見させていただいております。
    さて早速、疑問に思われている点の回答をさせていただきます。バックホウ(パワーショベルではなくバックホウと言います)の色は特にオーダーしない限り、基本的にそのメーカーの会社のカラーになります。
    今回は日立建機がオレンジ、コマツが黄色、コベルコが水色と、国産建設機械メーカーのいわばトヨタ・ニッサン・ホンダがそろったというイメージです。
    余談ではありますが、バックホウの操作レバーはメーカーによって違ったりしますので、乗り手(オペレーター)によって機械が変わることもあります。(最近のバックホウはマルチレバーパターンで操作レバーを切り替えることもできますが、やはりメーカーによる癖を気にするオペレーターも少なくないのが現状です。)
    また、当現場にあるバックホウの半数以上がクレーン仕様というタイプで、物を吊り上げることができる機械を採用しています。
    以上、簡単ではありますが、使用機械の説明をさせていただきました。今後とも工事に御理解を賜りますようよろしくお願いいたします

    • 奥居武
    • 2012年 4月 18日

    おっと!当事者からの丁寧なご返事ありがとうございます。機能別に色分けしてるのかと思っていましたが、メーカー別でしたか。工事現場もカラフルになったなと思いました。子供が工事現場に興味を持つ気持ちはなんとなくわかりますね。少し離れて見るといろいろな機械がくるくる忙しく立ち働いていて、おもちゃのマーチのようです。安全な工事をお祈りしています。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る