千里ニュータウン・地名の謎を追う(3/13)

千里ニュータウンは来年で「60周年」を迎えますが、では、ニュータウンになる前の千里丘陵には、どんな地名が広がっていたのでしょう?ニュータウンの「○○台」「○○公園」といった地名は、どこから来たのでしょう?自由創作?

…そんな疑問と好奇心にお応えするのが、今週末、3/13(土)17:00~のオンラインセミナー「Back to ビフォア・ ニュータウン!」

ネタを探して千里を走り回っている朝日新聞千里販売の地域記者、岡野和博さんに、わたくし奥居がいろいろとお話を伺います。奥居もネタをご披露しますよ!

吹田市立千里ニュータウン情報館の主催ですが、今回は感染拡大防止策のため、オンライン(zoom形式)での開催!おうちから参加していただけます。申込は、その前の日、3/12(金)17:00です!必ず申込が必要です。「こちら」から申し込んでくださいね。大勢のご参加をお待ちしています。録画ではなくLIVE形式なので、質問もできますよ!

さてこちらは…「藤白王子」って、何?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る