「アートがなくては千里じゃない!」(3/21・日)

千里ニュータウン情報館主催でただいま進行中のオンラインセミナー、早くも最終回はニュータウンの公園や駅頭に設置されたおなじみの「パブリック・アート」(野外彫刻)を探索しまーす。

千里育ちで千里在住のアート・ディレクター、藤脇慎吾さん(フジワキデザイン代表)が、千里中をかけめぐって最新状況をチェックしてくださいました!

あらためてリスト化してみると、千里ニュータウンには40個近くの「パブリック・アート」(野外彫刻)が、ちりばめられています(消えちゃったものも入れると50個近く!)。日々見慣れてるとあたりまえに思えてしまいますが、…なぜ?どうしてこうなったの?逆に…もし千里からアートがなかったら?なぜ、町にはアートが必要なのでしょう?

そんなことをわたくし奥居とのカケアイで、オンラインを超えた「現場感」でお伝えします!自宅にいながらアート探検。LIVEなので質問もできますよ。すでにやった2回(鳥編、地名編)も、子供さんからオーバー85のシニアさんまで大好評で盛り上がりました!

●申込が必要です。(申し込んだ方にアクセスURLをお送りします。)吹田市のオフィスが開いてる時間の関係で、3/19・金17:00まで!こちらからどうぞ!ぜひこの機会に、千里ニュータウンをもっと楽しんでみましょう!

(写真は藤脇慎吾さん提供。北千里駅前の『集(つどい)』)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る