千里ニュータウンを歩き回る理由を見つける

先月のことになりますが、私が理事長をしている(一財)千里パブリックデザインでは、吹田市立千里ニュータウン情報館からの業務委託を受け、千里ニュータウンをテーマにしたオンラインセミナーを3回開催しました。

ステイ・ニュータウンになりがちな昨今、「密」を避けながらいくらでも歩き回れるのがニュータウンのいいところ…ということなんですが、どうせなら楽しく歩き回れる理由があったほうが張り合いもあるというもの。「鳥」「地名」「アート」3つの切り口から、それぞれ調べておられる地元の「識者」をお招きして、奥居がお話を伺う…というカケアイLIVE方式でzoom配信を行いました。

オンラインにつきものの設定のアレレレ?など、ヒヤッとしたこともありましたが、遠方からもご参加いただき、またLIVEなのでたっぷり質疑応答もできて、「これは面白かったね!」というひとときになりました。

参加できなかった方も、この文字記録は「こちら」から読むことができます。(特製アートマップつき!)写真は2回目、「地名」回の収録風景。ちょっとラジオ番組やってるような感じですね。

千里ニュータウンという町は、いくらでも楽しみ方があるし、そういう仕掛けを埋め込んでくれた大先輩もいらっしゃる。ニュータウンがただの無機質な造成地にならないように…と頑張ってくださった努力の足跡も感じながら、時間と空間を超えて楽しみました。

オンラインの利点もわかったので、またやってみたいですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る