昨日の写真から24年後の同じ場所。「8番館」あらため「ディオス8番館」のみが同じ建物で位置を同定できます。ロータリーに面した建物は、同じ場所で平屋建てから3階建て(+屋上)に建て替えられています。時計塔はなくなり、背後に立体駐車場が見えています。8番館の右には大きなサティの建物が…。
以前はこのアングルでは8番館の階段部分が一番高く目立っていたのですが、今は周囲の建物がどれも高くなり、サティの横で遠慮がちに見えてしまいます。
8番館は1970年代に出来たときから「8番館」という名前だったのですが、1994年に全体をリニューアルした際、「ディオス○番館」というシリーズ名に組み込まれ…8つ建物はないので飛び番にして「ディオス8番館」になりました。(立体駐車場のビルを勘定に入れてるのかしらん?)
公民館は今も同じ建物であるのですが、手前の建物が3階建てになって、バスターミナルからは見えなくなりました。
ロータリーの真ん中は駐輪場から緑地に変わっています。真ん中を斜めに突っ切る一般車用の車線の位置は1983年当時から変わっていません。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る