今年も北千里駅前にツバメが帰ってきました。頭とシッポだけ見えてます。
巣の下には「私達つばめは、この時期子育てに懸命です。しばらくの間、暖かく見守ってください」の貼り紙も…。お店の人もツバメを心待ちにしていたようです。最近は子供が少ない千里ニュータウンですが、ツバメは子育てをするし、その昔にはゾウの赤ちゃんも歩いていった…。
このツバメ、どこから渡ってきてどこへ行くのでしょう?すごく遠い距離を飛んでいるはずなのに、毎年この季節になると北千里指定で巣をつくる…「ベッドタウン」という町の雰囲気がツバメにもわかるんでしょうか?

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る