けやき並木の風格

東京見物をあと少し…
こちらは表参道のけやき並木です。左は元同潤会アパートから建て替えられた表参道ヒルズ。日本のアパートのルーツの地と言ってもいいですが、きょうのテーマは右のけやき並木。
わが千里ニュータウンにも北公園から南千里まで、千里2号線とも千里東筋とも言われる道路に街路樹としてけやきが植えられています。吹田市は「千里けやき通り」と愛称をつけているようですが…。千里のけやきも40年を経てかなりリッパになってきましたが、こちら東京・表参道のけやきは関東大震災後に植えられたものだそうで、とすると80年!倍です!さすが風格と言うか、貫禄が違います。千里もあと40年たったら、こんなリッパな並木になるんでしょうか?80年ってすごく長いようですが、千里ニュータウンが出来てから今までの時間をもう1回…と考えたら意外と早い。人生老いやすく、樹はでかくなる。人間は小さいなあ!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る