ほっとする5階建て(東広島ニュータウン)

ここ「東広島ニュータウン」と、さきごろご紹介した「ひろしま西風新都」…2つの広島のニュータウンに共通した特徴は、「集合住宅率が低い」ことです。このあたりが首都圏や京阪神とは違う「地方都市の余裕」かもしれません。
集合住宅はないわけではありませんが、町の中心部に象徴的にあるだけで、大半は戸建てが占めています。千里ニュータウンの場合は集合住宅と戸建て、面積では半分半分で、人口では圧倒的に集合住宅に住む人のほうが多くなっています。(7~8割程度?)「ニュータウン=団地」と思われるゆえんですね。
ところが地方都市では「団地」と地図に書いてあっても、行ってみると戸建の住宅地の一群だったりします。「団地」の意味が少し違うんですね。
そんな中で東広島ニュータウンで見かけた5階建ての集合住宅。この町は1989年入居開始と千里より27歳も若いのですが、やはり千里で「5階建て階段室型」を見慣れているせいでしょうか、何かほっとします。勾配屋根がついていたりデザインは進化していますが、基本的構造は全く千里と同じようですね。ほんの数棟だけでしたが…。ニュータウンの一部として誘致された大学の学生向けなのか、ファミリータイプなのか、そこまでは確認できませんでした!
「町の中心部に集合住宅を置く」というセオリーは、やはりここでも同じでした。向かいはすぐにトンガリ屋根の公民館があるタウンセンターです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

最近のコメント

ページ上部へ戻る