最後の皆既月食

遅れネタになりますが、8月28日晩の皆既月食。(しかもほぼ終わりかけの写真ですが…)
退去が終わって明かりがつかない棟(手前)の上に輝いています。解体が迫ったこの建物が皆既月食を見るのはこれでおしまい。つぎに大阪で皆既月食があるのは…?そのときは新しい団地のベランダから楽しむ人もいるでしょう。
コンパクトカメラではこういうときになかなか上手く撮れず、大きなカメラが欲しくなります。腕の問題か…?
※建替は順を追って少しづつ進められ、すぐお隣の棟では生活は続いていますから、訪問の際はどうぞお静かに…

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 健ちゃん
    • 2007年 9月 13日

    過去の住人は取り壊しを惜しみ
    現在の住人は新団地を待ち望む
    それぞれのリニューアルへの気持ちですかね

    • 奥居武
    • 2007年 9月 13日

    そういうことかもしれませんね。周辺の住民は…いろいろだなあ。環境変化への不安だったり、センチな気分だったり、新しい住戸が増えれば一度NTを離れた子世帯が帰ってくるかもしれないという期待だったり…。当事者の方は最低1回、場合によっては2回引っ越さなくてはなりませんから、感傷だけにひたっていられない大変さがあると思います。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る