人がいない公園(愛知・桃花台ニュータウン)

こちらは桃花台ニュータウンのほぼ中央にある桃花台第2公園
ニュータウンと言えばどこでも緑が多く、広い公園は自慢のひとつですが…人がいないゾー。日曜の昼なのに…。「ニュータウンの周囲にいっぱい自然の緑がありますからね…」と、一緒に行ったKさん。それにしても徒歩圏内の緑はまた違った意味があるはずですが…。たまたまこの日は小学校で春の運動会をやっていたからなのか…?
植栽や、あずまやや、遊具や、オリエンテーリングコースらしい標識や、いろいろな工夫が盛り込まれているのですが…最近水を出した様子がない噴水(跡?)などもあって、少し「作り込み過ぎ」(オーバーデザイン)なんだろうか?
やっぱり人口減少がこんなところに出ているのか…?千里に比べたら住民層はまだまだ若いはずですが…。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (3)

    • kyu3
    • 2008年 7月 14日

    こんにちは。
    >桃花台第2公園・・・人がいないゾー。
    この公園に限ったことではなく、ニュータウン内のほとんどの公園が、普段まったく人がいない状態です。いるのは、桃花台中央公園くらいかなぁ・・・と。特に点在する小さな公園には、ほとんど誰もいません。
    “子供の遊び方がゲームなどに変わった”と言う理由もありますが、「公園は特定の遊びしかできないのでつまらない」と言うのもあるかと。
    あとこの第二公園に限って言えば、やはり”オーバーデザイン”だと私も思います。 (^^; やたら物があるので走り回るのは困難ですし、あと植え込みや街路樹が多すぎて公園のまわりから園内が非常に見にくいので、防犯面で問題があるように思いますから。

    • 奥居武
    • 2008年 7月 14日

    公園というのは「オオザッパ」でいいのかもしれません。千里なんかオオザッパですよ。こちらもご参照ください。
    http://senri-g1964.at.webry.info/200612/article_22.html
    まだ日本が貧しい時代に造ったから…というのはやや誇張ですが。

    • kyu3
    • 2008年 7月 15日

    こんにちは。
    リンク先の公園の写真を見ました。とても広々としていて、のんびりできそうですね。 (^^)

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る