そうだ、観覧車に乗ろう!(横浜・港北ニュータウン)

今回のニュータウンめぐりは他の用事のついでに寄ったので、日暮れまであまり時間がありません。町は見たいし時間はないし…せめて町の全体イメージだけでも把握したい…
と思いついたのが、「そうだ、観覧車の上から町を見よう!」…センター北の駅前にはなんとしゃれた阪急百貨店(「都筑(つづき)阪急」って言います)とショッピングセンターがあって、その屋上には梅田のHEP FIVEのような赤い観覧車がゆうゆうと回っていたのでした。平日の昼下がりなら他のお客さんもいないでしょう。…もちろんこれはタウンウオッチングの手法としては一種の「ズル」なので、時間がないときの非常手段ということで…
いそいそと百貨店の階上に上っていくと、はたして観覧車には誰も乗っていません。貸切のカゴの中で地図を広げてあっち向いて写真撮ったりこっち向いて写真撮ったり…平日午後のオッサンのふるまいとしては相当アヤシイですが、誰も見てないんだから気兼ねなくニュータウン鑑賞ができました。
ちなみにこの一帯はもともと全体が「港北区」だったのでニュータウンも「港北」を名乗っていますが、ニュータウンができて人口が増えたので半分が「都筑区」に分かれ、阪急は新しい区名を名乗っているというわけです。そのもっと前は隣の「緑区」も「港北区」で、緑区の一部からは青葉区も誕生しているので、1つの区(港北区)が人口増で4つ(港北区、都筑区、緑区、青葉区)に分かれたことになり、この地域の発展ぶりがわかるというものです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る