ひさしぶりに藤白台の光景です。先日10/30、藤白台から北千里にかかる「藤白橋」の上から、何人かが公社敷地のほうをずっと見ておられるので目線を追ってみると…
地鎮祭!…でしょうねこれは…祭壇も何も見えませんが…神主さんが幣(ぬさ)を振り、つづいて紙吹雪のようなもの(切幣・きりぬさと言うらしい…)をパッパッと撒いているところです。
この公社建替工事・第一期分では、5階建4棟(A19-A22棟)がすでに解体撤去され、このあとに14階建2棟が建設されます。今までの工事の進行はこちら
新しい町を造るのに古式床しく始める…というところが面白いですが、「安全を祈る気持ち」というのはいつの世も変わらないものだからでしょうね…いいシーンを見ました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (6)

    • 健ちゃん
    • 2008年 11月 03日

    この光景が40数年前にもあったんでしょうね。
    再び活気ある夢の「藤白台」になってもらいたもんです。

    • 奥居武
    • 2008年 11月 03日

    うちは今の公社の建物ができるより一年ぐらい早く越してきたので、43年前に団地を造っていた時も少しは覚えています。毎日杭打ちの音が響いていましたねえ…。なのでなんだか歴史が一回転したのを見たような気分です。

    • てつ
    • 2008年 11月 03日

    しかし よく 偶然 そんな場面に出くわしましたね(^_^;
    ニュータウンを思う想いが その場に 導いたのかも(^^ゞ

    • 奥居武
    • 2008年 11月 03日

    ずっと張ってましたからね…というのは冗談ですが、ほんと、通りかかって振り返ってカメラを構えた瞬間がこのシーンでした。(幣を振ってるところは間に合わなかった!)こういうことがあるのでコンパクトデジカメはいつも手放せません。

    • maco
    • 2008年 11月 10日

    いよいよ藤白台の”2ndステージ”が始まります。
    公社・府営の建替えを合図に、街全体が変わろうとしています。
    数十年後、「変えて良かった。」と言われる建替えにしたいと思います。
    by 3丁目5番住民

    • 奥居武
    • 2008年 11月 10日

    数年後建替が終わった時に「いろいろ大変だったけど…昔の団地も良かったけれど、今度のはもっと良くなったね~」と言えるといいですね。僕は周辺住民だけど藤白台育ちだから、町全体のこととしておおいに期待しています。ここは未来を信じて作った「ニュー」タウンなんだし、藤白台は世界に一つしかないんですからね~!

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る