彩都でFM千里がよく聞こえる理由

大阪モノレールの彩都西駅から…いや~大阪市内がよく見えます!あの2つつながってるシルエットは空中庭園
というわけでここ彩都はかなり山裾と言うか高原と言うか…千里丘陵よりさらに見晴らしのいい高台に位置しています。こりゃあラジオの電波もよく入るわけですね。「彩都」(さいと)というネーミングはかなりいいと思いますが、千里高原とか茨木高原なんていう案はなかったのだろうか…?(茨木高原じゃゴルフ場か…)
梅田のビル群は手に取るように見えるけれども梅田まで直通では行けない…私は「てつ」なのでついつい妄想してしまいますが、なぜモノレールの支線を作るのではなく、阪急の北千里で止まってる線路をそのまま伸ばして、北公園を地下で小野原に抜けさせて、粟生→彩都と持ってこなかったのか…そうしたら梅田直通になったし北千里からの阪急延長計画線跡も生きたのに…千里中央とつなぎたかったのか…阪大との連携性を重視したのか?たぶんモノレールのほうが安くついたんだろうなとはわかるのですが…(「てつ」ですから…)。
「梅田に一本で出られなくていい」という決断は、町を造る時の大きな割り切りですから、相当検討しただろうとは思うのです。彩都は各方面がかなり注力して造っている町なので「検討して、直通を切った」という議論の過程を聞いてみたいものです。
線路右手の造成地は(茨木市とまたがっている彩都では小さいほうの)箕面市域になりますが、ほとんどまだ建物が建っていません。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • kattan
    • 2008年 1月 29日

    原因は阪急千里線の線路容量でしょう。なにせカーブと駅が多くて、スピードアップが図れない。そこにきて淡路駅も一杯ということだと思いますが。最終的にはモノレールも北急も阪急資本だということではないでしょうか。

    • 奥居武
    • 2008年 1月 29日

    なるほど…北千里住民としては「必ず座れる」始発駅のメリットを永遠に享受できそうですね…。

    • てつ
    • 2008年 1月 29日

    公園の地下を電車が走るのは妙な感じですよぉ
    千里南公園がそうですが 初めて来られた方は「地震・・・」と 身構えます^_^;

    • 奥居武
    • 2008年 1月 29日

    たぶん、あまり深く掘ってないんでしょうね。切通しでもいいじゃないかという案もあったそうですから…。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る