風と共に去りぬ?(成田ニュータウン)

スカーレット・オハラが出てきそうな大木と、ニュータウンの家並みの組み合わせ…
ここは橋賀台近隣公園。この大木はなんていうのでしょうか?関東は関西と土質が違うため、同じ樹を植えてもより高く育つと聞いたことがあります。やはりここでも(千里ニュータウンの公園がそうであるように)この樹はニュータウン開発前からこの場所に残されて、町の変化を見守ってきたのでしょうか。
「風と共に去りぬ」は、タラという土地への人々の分かちがたい愛着、運命を描いた物語と読むことができ、根を張った大木の下にヒロインが立つシーンはその象徴と言えるシーンです。さて日本のニュータウンは、人々の愛着に足る町になっているでしょうか。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る