箕面市と茨木市にまたがって開発中の彩都(国際文化公園都市)は、成立のいきさつから言っても、千里ニュータウンのう~んと年が離れた弟分と言えるニュータウンです。
とくに北千里からは直線で5キロばかりとけっこう至近距離。千里中央公園の展望台から見ても、近さが実感できます。写真の右手前が北千里のサティ。彩都はモノレールで千里中央と直結してしまったために、北千里との結びつきはあまり強くないようですが…一番近いのは北千里。
彩都はどこまで計画どおりに開発するのか、できるのか、経済状況もあいまって関心を集めていますが、西部地区に関してだけでも見てのとおり、かなりの規模で造成が進められていることがわかります。
千里ニュータウンが開発されたときの映像を見ているみたいです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る