新しい道ができました!(南千里~春日・砂子谷)

40年来の悲願というのでしょうか?千里ニュータウン開発当時から計画されていて、ず~っと途中までできた状態で工事が進まなかった新しい道が、3月31日未明、開通しました!
新御堂筋で緑地公園と桃山台の間、春日・砂子谷(すなこだに)の立体交差から東に伸びて、大きく北にカーブし、ジャスコ前につながって千里山から来る峠越えの旧道と合流し、南千里駅西側につながる道。そのまま、「千里さくら通り」(昔で言うと)「千里中央線」「千里中央筋」になる道路です。前に「あと少しでつながります」とご紹介してからも、1年たってしまいましたね…
この道は、千里ニュータウン計画区域の外側を囲むようにカーブしています。ニュータウンの中に大きな新しい道ができることはもうありませんが、「開発のにじみだし」に対応するため、ニュータウンの外側の道が順次整備されています。
この道は、北千里からクルマで梅田に出るときの最短コースでもあるようです。豊中市の千里体育館がある「上新田橋」から中環に出て、すぐに千里インターから新御堂筋に乗るコースがこれまでのメインルートだと思いますが、「千里さくら通り」(昔で言うと)「千里中央線」「千里中央筋」をどんどん南下すると、この新道でカーブしてずっと南側で新御堂筋に乗ることになります。実際には中環→千里インター→新御堂筋コースのほうが信号がないぶん速いと思いますが、新御堂筋が混んでいそうな時はこの新道経由のほうが少しでも渋滞を回避できそうです。
南千里から新御堂筋梅田方面に乗るときは、桃山台駅前が混むのでこの新道経由のほうがたいてい速いでしょう。
この道はさらに、ジャスコ北側のあたりで三叉路になって阪急の線路を東にくぐり、佐井寺~紫金山公園~吹田市立博物館前を通って岸部駅前につながることになっています。佐井寺から紫金山公園の入口の間だけ開通していますが、切れている部分ができるのはいつのことになるやら…?しかしどうもジャスコ北側の竹林が道路予定地にあたっているようなので、このまま竹林が残ってほしいなと、少しフクザツな気分でもあります。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る