住宅街にロケット!(筑波研究学園都市)

展望塔の上から町を眺めると…おおっ!センタービルの手前になんとロケットが!さすが科学万博(つくば’85)をやった町だけのことはあります。
ここは、つくば’85の第二会場になった「つくばエキスポセンター」
つくばは研究機関をたくさん集めた都市であるがゆえに、千里のように「住宅専用」に造ったニュータウンと比べると、施設のバラエティが富んでいるというか、町の発想に幅があることを感じました。
近くの母都市に通勤客が流出してしまう「ベッドタウン」とは異なり、大都市近郊では珍しい「職住近接」が実現した、自立性の高い町であること。つくばエクスプレス(TX)が開通してからは、東京への通勤者も増えているようですが…。
「これ、ほんとに使ったロケットですか?」と聞いたら、「ほんとに使ったロケットなら、飛んでいってここにはないのでは…?」とのお答え。たしかに…。町の緑がけっこう豊かなことも、おわかりいただけるでしょうか。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評発売中!

樹林舎刊の写真集『吹田市の昭和』の千里ニュータウン部分を中心に、コラム執筆や写真のアレンジ、事実関係の確認などを担当しました。限定1,500部。書店でお申し込みください。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る