実は藤白台より古いんです。

ブログ3周年のお知らせが入りましたが、こちらは小野原西から稜線ひとつ越えた(ほんの近くの)千里北公園。
プールへ行く右手にあった青少年野外活動センターが建て替えられ、自然体験交流センターとして登場しました。
この(元)青少年野外活動センター、建替になったぐらいですから歴史は実は古く、藤白台が藤白台になる前…1960年ごろからここにあったようです。ニュータウンがなければ、もちろん千里北公園もまだありません。当時の住所は「大字山田上」。利用者はどうやって来ていたのでしょう?ニュータウン開発前のこの付近の交通と言えば、山田弘済院か小野原のバス停から…歩き?たぶん今の能勢以上の隔絶感だったはずで、ほんとうに自然そのもののまっただなかだったでしょうね。
EXPO70の頃にはユースホステルをやっていたこともあり、外国の若者が大勢泊まりに来たりもしたようです。
千里ニュータウンの大半を含む「山田村」が吹田市に合併されたのが1955年。それからわずか5年後、大きな山里を市域に入れた吹田市が、市の子供に贈ったプレゼントだったのかもしれません。竹林に響く子供の声は、49年前もこれからも変わらないでしょう。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

好評配布中!〔無料〕

千里ニュータウンの最新状況がわかる「千里ニュータウンマップ2018」の制作をお手伝いしました。このマップは南千里駅前の「吹田市立千里ニュータウン情報館」で配布しています。2013年版も在庫があります。

好評発売中!

吹田市立博物館とパルテノン多摩の2018年共同企画「ニュータウン誕生」の展示・図録制作をお手伝いしました。図録購入(吹田版)はこちら。多摩版はこちら。(内容は同じです)

アーカイブ

ページ上部へ戻る